取扱業務

交通事故被害

よくあるご相談

  • 保険会社から提示された示談金額が適正かわからない
  • 後遺障害等級が適正かわからない
  • 保険会社担当者の対応が不満

交通事故に慣れている人というのは、そう多くはいません。「示談」という言葉を耳にしたことはあっても、示談金額の定まり方までは知らない人が大多数でしょう。保険会社任せで進められる方も多いですが、残念ながら、治療時のアドバイスや後遺障害の申請、さらには示談金額提示の各場面において、保険会社が全て適切に対応してくれることはまずありません。誤解を恐れずに言えば、親切なふりをして早々に低額での示談を誘い、過剰に保険会社の負担を減らしているようなケースも多々あります。

様々な情報が出回っていますが、実際の交通事故の賠償ルールは極めて複雑です。初期対応の是非が最終的な賠償金額に大きく影響するため、当事務所では、示談交渉や裁判対応のみならず、治療方針のアドバイス、病院との折衝、医療文献の調査や後遺障害等級認定申請等、事故直後から常に解決を意識した一貫した対応を心がけております。

債務整理

代表的な相談内容

  • 複数社から借入があり借金が減らない
  • 業者からの取立てを止めたい
  • 債務整理したいがマイホームは残したい

債務整理とは、弁護士が債権者と交渉し、借金を減額もしくは免除してもらう手続きです。大別して、任意整理、個人再生、破産という3種類の手続きがあり、弁護士が介入した場合には、いずれの手続きであっても貸金業者からの督促が止まります。弁護士費用の分割も承っており、取引の過程を調査して過払い金が生じていた場合には、これを回収して他の手続きの費用に充てることも可能です

各手続きにはそれぞれメリットとデメリットがありますが、借金の経緯や金額、その他ご依頼者様の希望や生活状況を踏まえ、最良の手続きを提案致します。事業者や法人の場合には、各事業の性質や将来的な再生の可能性を踏まえて方針選択するとともに、事業活動の縮小や廃業のタイミングの決定、事業売却の可否等についてもご依頼者様と協議しながら進めております。

ネット風評被害

このようなことでお困りの方

  • 企業のサービス、商品に対するネット上の誹謗中傷
  • 個人情報のネットへの流出
  • 過去の犯罪歴のネット上への流出

誰もがスマートフォンを利用する現代において、インターネットは不可欠のインフラといえますが、不特定多数の人が手軽に利用、閲覧できるがゆえに、誹謗中傷や悪意ある書き込みによる被害が後を絶ちません。たった一つの書込みであっても機械的にサイトがコピーされ、加速度的に被害が拡散してしまい、手遅れとなるケースも多いのが実情です。インターネットは匿名性が高いために、書き込んだ者の特定が難しいほか、被害回復への対応を誤ったために炎上し、かえって被害が拡大するリスクも無視できません。

インターネット上の風評被害は、早期の対応が明暗を分けます。過去の解決実績に基づきサイトの特性を判断し、二次被害の可能性を排除しながら、ご依頼者様の希望に合わせた迅速な対応を指針としております。

相続問題

相談事例

  • 遺産がどの程度あるかわからない
  • 遺産の分け方に納得がいかない
  • 遺言書を作成したい

相続の場面では、株式や不動産等の周辺知識が必要となるほか、共有関係等が生じて権利関係が複雑化した際の解消方法や、遺産分割のための競売といった派生的な法律問題が多く、加えて、相続人間の感情的対立が顕出しやすいほか、各相続人が隔地に居住していて協議自体が進まない等、事実上の問題も往々にして並存します。遺言無効確認や親子関係不存在、認知に関する問題等の独特の手続きが多い分野でもあります。

直接的な感情の対立から長期戦になることが多いため、錯綜する法律関係を可能な限りシンプルに構成してご依頼者様に詳細に説明し、最終的な解決まで二人三脚で進めるよう努めています。

事業運営でお困りの方

お心当たりはありませんか

  • 引退を考えているが後継者がいない
  • 資金繰りが厳しい
  • 不採算事業を整理したい

事業再編にあたり、事業譲渡、会社分割、合併、事業承継等、様々な手法がありますが、何をどのタイミングで用いるかがその事業の明暗を分けます。殊、業績不振時において再建のための手法を誤ると倒産に直結しかねないため、迅速かつ慎重に方針選択しなければなりません。資金繰りに苦しい状態であっても、例えば経費の見直しと金融機関からの返済猶予で足りるのか、一部事業の売却まで検討するのか、閉鎖も視野に入れて縮小するのか等、各法人の状況次第で採りうる手段も変わってきます。

当事務所では、税理士事務所や経営指南コンサルタントとも提携しており、法務、税務、会計及び経営全般を見据えた事業再編プランを提案しています。

労働問題

このようなことでお困りの方

  • 会社から一方的に解雇を言い渡された、退職するよう求められた
  • 残業代が支払われない
  • 上司から嫌がらせを受けている

残業代の不払い、ハラスメント、不当解雇等の労働問題は、会社で働く方であれば誰にでも起こり得る問題です。また、会社対従業員という力関係から泣き寝入りを余儀なくされることが非常に多い問題でもあります。

このような問題を抱えて悩まれている方は、まずは当事務所にご相談ください。一人で悩んでいても問題は解決しません。あなたのお悩みを一つ一つ丁寧にうかがい、最善の解決策をご提案いたします。

刑事事件

このようなことでお困りの方

  • 親族が逮捕されたが早期に身体開放してほしい
  • 被害者と示談をしたい
  • 起訴猶予や執行猶予を獲得したい

身近な人が突然逮捕された場合、面会はおろか連絡手段すら遮断されることが多く、逮捕後の状況が全くわからないことも珍しくありません。刑事事件は通常経験することのない非日常であり、弁護士以外にできることが殆どない分野でもあります。

身柄事件の場合、早期の身体開放と不起訴獲得に向けた初動が極めて重要となります。また、接見できる場所が警察署留置施設や拘置所等に限定される上、収容による心理的な負担も甚大なため、打合せも兼ねて何度も足を運び、不安を和らげることも重要な役割の一つと考えています。

時間的制限の多い刑事事件では、処分の見通しを的確に見抜き、時間の経過とともに最適な対応を心がけ、特に迅速に対応することを指標としています。

法律相談・お問い合わせ
弁護士法人卯月法律事務所
東京都千代田区岩本町2-11-3KATOビル3F
03-5833-7024
【電話受付】 平日10:00~19:00
弁護士法人卯月法律事務所
東京都千代田区岩本町2-11-3KATOビル3F
事務所へのアクセス
  • 【都営新宿線】 岩本町駅より徒歩3分
  • 【東京メトロ日比谷線】 小伝馬町駅より徒歩4分
  • 【JR線】 秋葉原駅より徒歩7分 神田駅より徒歩7分